【期間限定】お試しカウセリング実施中

「つい怒ってしまう」心の仕組み

こんにちは。
心の笑顔を取り戻すカウンセラー
稲葉江美子です。

 

「つい怒ってしまう自分が嫌になる」

 

感情的に怒りをぶつけて
相手も傷つけてしまうのではないかと
心配になる。

 

「こんなつまらないことに腹を立てるなんて
自分はなんて心の小さい人間なのだろう…」

 

「怒りをコントロールできないなんて
人としてなんて未熟なんだ…」

 

そして自分で自分を責め
悪循環のループをグルグル回る。

 

あなたはそのような状況になっていませんか?

 

 

ところで、
「つい怒ってしまう」原因は

心の器が小さいからでしょうか?
人として未熟だからでしょうか?

 

 

いえいえ、違いますよ!
それはあなたの勘違いです。

 

今日の記事では
「つい怒ってしまう」心の仕組みを理解して
正しい「怒りとの付き合い方」をお伝えします。

 

記事を読み終えれば「つい怒ってしまう」が
劇的に減ると思います。

 

是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

はじめに…

 

「この程度で怒るなんて…
最初は怒りを我慢していた。」

 

このような話をする人と
私は話をする機会が多いのですが、

 

そもそも
怒りを我慢しよう(抑圧する)
と思っているから

「キレてしまう」=「つい怒ってしまう」

状態になってしまうのです。

 

 

怒りは我慢すると蓄積されて
ある時「つい怒ってしまう」
現象として表れます。

 

例として見てみると

 

(出来事)
怒るような出来事でもなかったはずなのに
「つい怒ってしまった」

⇒自分では怒るつもりはなかったのに
怒ってしまった状態になってしまった

(自分の心の中)
「こんなつまらないことに腹を立てるなんて
自分はなんて心の小さい人間なのだろう…」

(結果)
自分自信を責めて、悪循環のループに入り込む

 

このような状態です。

 

 

あなたは、どうでしょうか?

 

 

怒るような出来事でもなかったはずなのに
「つい怒ってしまう」状態になったのは
それまでの「怒り」が我慢によって
蓄積されている証拠です。

 

なので、

「怒りは我慢する」という考えは
適切な対処方法ではない…

と知っておくと良いでしょう。

 

 

 

では、どのように「怒り」と
付き合っていったら良いのでしょうか?

 

どんな感情にも意味があります。
「怒り」の感情にも大切な
意味があるのです。

 

それでは、「怒り」はあなたに
どのようなことを伝えてくれているのでしょうか?

 

 

あなたが最近「つい怒ってしまった」
出来事を思い出してみましょう。

 

 

・・・・・

 

 

どのような状況でしたか?

 

 

 

・子供が言うことを聞かない
・「やらないで」と伝えたことを子供がやった
・急いでいるのに、子供に振り回される
・忙しい日に、子供が時間を守らない

(私が実際に怒りを感じた例を上げましたが
気がついたら、すべてが子供がらみですね。

子育ては、本当に「つい怒ってしまう」
ような状況の連続だ思います。)

 

 

それでは「つい怒ってしまった」
出来事を見て、「怒り」を感じた状況の
共通点って何だと思いますか?

 

 

・・・・・

 

 

・子供が言うことを聞かないで困った
・「やらないで」と伝えたことを子供がやったので困った
・急いでいるのに、子供に振り回されるので困った
・忙しい日に、子供にまとわりついて離れないので困った

 

 

このように、自分が「困っている」時に
「怒り」という感情となって
サインを送ってくれる状態なのが分かりますね。

これが「怒り」の役割なのです。

 

 

自分が不利な状態になったり、
自分が傷つけられたりするような
出来事があって

自分は「困った」と
心の叫びが「怒り」となって
教えてくれています。

 

自分が「困った」と
助けを求めているサインです。

 

助けを求めているサインなのに
怒りが「悪いもの」「未熟だから」
と考えてしまうのは、不適切な対応だと
いうことが理解できると思います。

 

「怒り」は、自分が「困った」状態
だということを教えてくれる大切なメッセージ

 

「怒り」を感じだ対処方法

①私は困っているのだなと自覚する。
②何に困っているか考える。
③困らないようにするにはどうしたら良いのか考える。

 

このような視点を持つと、
「怒り」に支配されなくなり、
違った考え方が出来るようになります。

 

「怒り」をためない為には

「困らないようにするには
どうしたら良いのか?」

という視点を持つのがとても大切になります。

 

さらに具体的なやり方を記載しようと思いましたが
長くなったのでまたの機会に記載します。
方法が知りたい方は、是非、メッセージ下さいね!

 

それでも、どうしても

「イライラがおさまらない」
「込み上げてくる怒りが強すぎる」

と感じる方は、うつ病の初期症状かもしれません。
早めの専門家への受診をお勧めします。

————————————————————–
「つい怒ってしまう」を卒業したい方、「怒り」と上手に付き合いたい方
栃木県宇都宮市より比較的近い、栃木県さくら市にある

さくら心理カウンセリング~笑心~ に是非一度お越しください。
👉お試しカウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です