【期間限定】お試しカウセリング実施中

「認められない」悪循環から脱出する方法

こんにちは。
あなたの心の笑顔を取り戻すカウンセラー
稲葉江美子です。

 

今回のブログのテーマは「認める」です。

 

私も何度かお伝えしてきているのですが

 

ありのままの自分を
認めましょう…と

 

 

ですが、このような話をすると

 

「どうしても認められない」とか
「認めるのが苦しい」とか

 

このようなネガティブな感情を
持ってしまっている自分に気がつき
そんな自分をさらに認められず、

 

無意識のうちに自己否定の
悪循環のループに入り込んで
しまっている人を沢山見ています。

 

 

あなたは、どうでしょうか?
悪循環に入り込んでいませんか?

 

 

そして、
悪循環に入り込んでしまっている
多くの人が「認める」という行為を
勘違いしています。

 

あなたはどうでしょうか?
「認める」という行為を
正しく認識していますか?

 

 

そこで、今回の内容は

 

・「認める」とは、そもそも
どのような行為なのか?
・認められない理由はどうしてなのか?

このような視点でお伝えします。

 

悪循環のループから抜け出す
チャンスです。

 

是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

 

ここでお伝えしている「認める」
という行為ですが、

 

「認める」とは
〇✖の「〇」とか、OKを出すとか
価値評価のことではありません。

 

ただ、その「存在」をあるがままに
「見る」行為の事を言います。

 

「認める」=「見て留める」

 

と認識すると分かりやすいのでは
ないでしょうか。

 

「認める」とは
ただ「あるなぁ~」と観照するような
視点のことをいっています。

 

「認める」ことに、自分の主観は
入りません。

 

・・・ですが、私たち人間は
善悪の世界に生きおり、
物事に遭遇すると、自分の価値判断で
物事を捉えています。

 

「あるがまま」に物事を見ることが
とても難しいのです。

 

物事を見ている時は
瞬間に自分の価値判断で物事を
捉えてしまっている…と
認識しておくと良いでしょう。

 

 

自分の感情を
価値評価を一切加えず、
ただ「ありのまま」の存在として
見ていくこと

 

言葉にすれば簡単なように感じますが
これがなかなか難しいことですよね。

 

 

「認める」には
自分の感情、さまざまな心の動きに
少し距離を置いて、自分の心を
「眺める」姿勢を身に付けていきます。

 

自分の心を
「俯瞰」する視点です。

 

「認める自分を育んでいくこと」は
一人で取り組んでいると
とても難しく感じるかもしれません。

 

その場合は、カウンセラーやコーチなど
プロにお願いして、一緒に取り組むと
良いでしょう。

 

 

自分のどんな感情にも「距離」が
保てるようになってくると
自分の内側からジワーっと

「生きる力」が湧いてくることが
感じられるようになると思います。

 

 

正しい「認める」を身に付けて
自己否定の悪循環から
抜け出して下さいね。

———————————————————-
本当の「認める」を身に着けたい方、
「認める」自分を育んでいきたい方

栃木県宇都宮市より比較的近い、栃木県さくら市にある
さくら心理カウンセリング~笑心~ に是非一度お越しください。

お試しカウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です