【期間限定】お試しカウセリング実施中

自分の理想の「思い込み」を手に入れる方法

こんにちは。
心の笑顔を取り戻すカウンセラー
稲葉江美子です。

 

あなたは、自分自身が心から
困っている時に、素直に

「助けてほしい」 と言えますか?

 

 

以前の私は、なかなか「助けて」
と言うことが出来ませんでした。

 

本当はとても「助けてもらいたい」のに
素直に「助けて」と言うことが
出来なかったのです。

 

自分一人ではどうすることも
出来ない状況になっていても
なかなか「助けて」と言えず、

 

限界まで無理をして
体調を崩したりすることも
沢山ありありました。

(→プロフィールに詳細書いてあります)

 

 

あなたはどうですか?

 

自分が必要な時に 「助けて」 が
言えますか?

 

 

小さいころから 「助けて」 と言えない
私でしたが、今は自分自身が困っている時
早い段階で「助けて」が言えるように
なりました。

 

では、「助けてと言える」人と
「助けてと言えない」人との違いは
何処にあるのでしょうか?

 

 

あなたにとって「助けてもらう」とは
どのようなイメージがありますか?

 

 

良いことですか?
悪いことですか?

 

 

・人に迷惑をかけるなんて出来ない
・こんなことで助けてもらうなんて自分が情けない
・弱い自分を認めたくない
・頑張ればどうにかなると思っている
(もしくは頑張ることが美しいと思っている)
・助けを求めたけど、助けてもらえなかった経験がある
(トラウマを持っている)

いかがですか?

 

 

上記に書いた 「思い込み」 を
持っていますか?

 

上記に書いた「思い込み」は
以前の私が、全て持っていたものでした。

 

それはとても、息苦しく
「助けて」が言えなくて当然ですよね。

 

息苦しさを生んでいる「思い込み」は
楽になる為の「思い込み」に
書き換えをしていきます。

 

自分で楽になる「思い込み」に変えていくのです。

 

 

例えば、

人に迷惑をかけるなんて出来ない
⇒人に迷惑をかけても良い

と変えることが出来ますね。

 

 

…とお伝えすると

「そんなことは多くの人が言っている。
でも、書き換えしても上手くいかない。」

と言う人が沢山います。

 

そんなあなたに、これから
重要ポイントをお伝えします。

心構えはいいですか?

 

 

「思い込み」の書き換えをする前に
今までの 「思い込み」には、
感謝の言葉をかけてあげます。

 

今まで、あなたを守ってきてくれた
「思い込み」に感謝を伝えるのです。

 

苦しめてきた、恨み辛みを伝えるのではなく、
感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

 

今までの「思い込み」は
あなたを苦しめたにしても
あなたを守ってきてくれました。

 

人は、「何か」を信じていないと
生きていけない生き物なのです。

 

あなたが今、生きているのは
その「思い込み」が守ってくれた
証拠なのです。

それに感謝します。

 

 

「今まで気が付いてあげれなくてごめんね。」
「私を守ってくれてありがとう。」

 

 

そうすると、今までの

「思い込み」 が緩んで、

今のあなたにとって
ふさわしい「思い込み」が
あなたを支えてくれるようになります。

 

 

自分らしい「思い込み」が手に入る。

 

 

それは、今まで一つのものを握りしめていた
手を一度離して自由にしてあげて
自分で選んで握りなおす…

そんなイメージです。

 

 

広げた手で、あなたは何をつかみたいですか?

 

 

不必要になった「思い込み」を
自分の中から除外するイメージを
持つ必要はありません。

 

「何をつかむか」「何を選択するか」に
意識を向けると良いでしょう。

 

 

丁寧に自分の気持ちと向き合って
「思い込み」に気づいてあげる。

 

そして、今の自分にふさわしい
「思い込み」を手に入れて下さい。

 

是非、試してみてくださいね。

————————————————————–
「助けてほしい」が言えない方、
自分の「思い込み」の書き換えをしたい方

栃木県宇都宮市より比較的近い、栃木県さくら市にある
さくら心理カウンセリング~笑心~ に是非一度お越しください。

お試しカウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です