【期間限定】お試しカウセリング実施中

人生が豊かになる「怒りのコントロール」3つのステップ

こんにちは。
あなたの心の笑顔を取り戻すカウンセラー
稲葉江美子です。

 

 

「感情的に怒ってしまう。
怒りをコントロールしたいのですが…」

と相談を受けました。

 

 

怒りという感情は、できることなら
感じたくない感情ですよね。

 

「自分でコントロールできるなら
コントロールしたい…。」

 

そのお気持ち、とても良くわかります。

 

それならば、どのようにしたら
感情をコントロールできるのでしょうか?

 

感情との付き合い方で、私が知っておいて
ほしいことをお伝えしようと思います。

 

感情のコントロールに興味のある方、
感情の付き合い方を知りたい方は

是非、最期まで読んでくださいね。

 

 

 

 

まず、湧き上がってくる「怒り」という感情を

「怒らないようにしよう。」

と抑えてしまうと、必要以上に「怒り」という感情に
振り回されるようになってしまいます。

 

 

○○しないようにする
…と意識では「禁止」しても、

無意識では「禁止」として受取ることが
出来ないのです。

 

 

つまり「怒らないようにしよう」
と心がけていても(意識で禁止)
いつものクセで(無意識)が怒りを
爆発させてしまうのです。

 

それどころか、必要以上にその物事に
振り回されてしまうようになります。

 

では、どのようにしたら良いのでしょうか?

 

 

 

まず、怒りを感じたら

「私は怒っている」

と現状に気づいてください。

 

 

「…っえ?そんな簡単なことですか?」

 

と言われそうですが、
実際は 「怒っている」 事に
気がついていない
人が多いのです。

 

気がつければ 「感情的になってしまう」
という行為は阻止することが出来ます。

 

なので、非常に重要なポイントになります。

 

 

気づかないことには
何をコントロールして良いのか
分かりませんので。

 

「怒り」= 悪いもの
と結び付けている人も多いですが、
どんな感情にも役割があります。

 

この「怒り」という感情にも
とても大切な役割があるのです。

 

 

では、どのような役割を持っているのでしょうか?

 

自分自身が

・直面したくない
・感じたくない
・向き合いたくない

出来事に出逢ってしまった時、
その出来事に直面する心の器の準備が
できていない時に、

 

「怒り」という感情が心を
守ってくれているのです。

 

怒りが心を守ってくれるのですよ。

そのように、怒りのことを
考えたことありますか?

 

 

なので、怒りの感情が湧き上がってきたときは

「何から心を守ろうとしているのか?」

と意識を向けていくと

 

怒りの裏に隠された、本当の気持ちに
気が付くことが出来ると思います。

 

 

怒りの裏に隠され本当の気持ちとは、

「悲しさ」「ガッカリ」「さみしい」
「みじめ」「劣等感」「自信のなさ」
「悔しさ」  などなど

 

あなたの怒りの裏側には、
どんな気持ちが隠されて
いるのでしょうか?

 

「怒りという感情」+「相手を攻撃する」
がセットになってしまっている人も
多く見かけます。

 

相手を攻撃するとは

「相手に向かって文句を言う」
「叩いてしまう」「無視をする」
などなど

 

「怒りという感情」+「相手を攻撃する」
がセットになってしまっている場合、
怒りという感情がとても悪い感情に
思われがちですよね。

 

…ですが、先ほども説明したように
怒りには怒りの役割があり
心を守ってくれているのです。

 

怒りをコントロールしたいのなら

怒り =「感情」
相手を攻撃する =「行動」

を区別して考えると良いでしょう。

 

感情的な怒りに振り回されず
怒りをコントロールできるようになります。

 

まず、怒りが湧き上がってきたら

1、 自分が 「怒っている」 という状況に気づく。
2、 怒りの裏側の本当の気持ちに意識を向ける。
3、 相手への対応を考える。

 

もしかしたら、怒りの裏側の本当の気持ちは
すぐには分からないかもしれません。

それでも、意識を向けるようになると
気づけるときが必ず来ます。
なのでその場で分からなくても
意識を向けてみることが大切です。

 

「そんなこと言われたってコントロール出来ない。
今までのパターンと同じパターンになってしまう。
何も変わらないじゃないか?」

 

と思ってしまう人は、

「怒りは心の守りなんだ。」と
自覚して怒ると良いでしょう。

 

自覚して怒ってくださいね。

この「自覚」が、のちのち
大きな気づきを与えてくれます。

 

 

 

周りの人が怒っている時も同じです。

「あのひとは、何かから
心を守っているのだな」

と思えるようになると怒りの印象が
変わってくるのではないでしょうか?

 

「怒り」の役割を知って
怒りと上手に付き合ってくださいね。

 

——————————————–
怒りの感情と上手に付き合いたい方、感情の整理をしてみたい方

栃木県宇都宮市より比較的近い、栃木県さくら市にある
さくら心理カウンセリング~笑心~ に是非一度お越しください。

お試しカウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です